品川 マンションについて

品川のマンションの耐震性の詳細

品川のマンションなどの建物の構造が地震に対してどれくらい強いかをあらわす耐震性について説明するとき、よく引き合いに出されるのが1981年の建築基準法の改正で導入された新耐震基準になります。
これが適用されて以降の品川のマンションなどの物件であるのならば、相対的に安心感が高まるといわれているようです。
しかし、それまでの旧耐震基準というのは、具体的に何がどう違っているのか以外にしられていないのかもしれないようです。
旧耐震基準は、100年に何回か程度起きる可能性のある震度5程度の中程度の地震に対して、大きな損傷を受けないという想定だったようです。
これに対して、新耐震基準では、中程度の地震に対しては、軽微な損傷をとどめるということになっているようです。

Copyright(c) 品川 マンション All Rights Reserved.